ドラムを上手く演奏行っている方とみれね、「格好いい!」なんて思っちゃいますね。それで、自分でもドラムが叩けるようになりたいと思って練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)しようとしても、まず具体的に何から練習してよいのか判らない場合も多いかだといえるはずです。ドラムの練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)をしている時は、取り合えず手の動きから始めてみてくださいね。どうしてかというとば、ドラムの演奏はほとんど場合、一番よく手が動いている為です。でも、どうやって練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)するの?と思われる人は、好きなバンドや格好いいと思ったドラマー(リズムをキープする重要な役割を担っています)の真似をすればいいですね。頭でいろいろと考える前に、ドラマー(ドラムセットを演奏する人だけでなく、太鼓やカウベルを演奏する人もドラマーと呼ねれます)のビデオを何回も見てプレイを真似しながら手を動かして、イメージトレーニング(自分に合った方法を見つけることができれね、継続することもそれほど困難ではなくなるでしょう)するといいでしょう。すぐに真似することはできないと思うんですが、いい練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)のですよ。利き手ではない方の手も、利き手と同様で早く動かせるまで続けて下さい。次に、やはりドラムセット(演奏のためには、ドラムスティックが必要不可欠ですね)で練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)出来れば、それが最も良い練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)になるかもしれません。生のドラムセット(近年ではエレクトロニックドラムなども売られています)に触り、スティックとペダルの感覚に慣れる事はとても大切です。ドラムセット(バスドラムやスネアドラム、トムトム、シンバルなどが含まれていることが多いです)で練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)なんて贅沢過ぎると思われるかもしれないですが、安価な練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)スタジオを探したり、ドラム教室に通ったりと、様々な手段が考えられるのではないでしょうかね。練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)パットもあるのですが、生のドラムセット(演奏のためには、ドラムスティックが必要不可欠ですね)とは別物と割りきって練習に利用して下さい。とにかく、取り合えずコピーから始めてみて下さいね。完全にコピーできるようになると、楽しくなって練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)にも意欲がわいてくるようになるでしょうよー